7月18日(木) 愉くらし教室「ローズウィンドウ」開催レポート

7月の愉くらし教室が7/18(木)に㈱大功 2階会議室にて開催されました。
今月は紙のステンドグラス「ローズウィンドウ」でした。

「ローズウィンドウ」とは

皆さんは「ローズウィンドウ」をご存じですか?私は今回初めて知りました。
教会の丸形のステンドグラス「薔薇窓」を「ローズウィンドウ」と呼びます。
その「薔薇窓」を紙で表現したペーパーアートのことです。
今月は光のアートOnde~認定講師 麻心-ま*こころ-先生に教えていただきました。

集中力‥

工程は、薄い色紙を折って、図面を写し書きして、切って、貼る。
折るのがズレたり、線がズレたりすると‥紙を広げた時に切れてしまったり、模様が変わってしまったりすると聞いて。
慎重に慎重に‥作業する事、1時間。

出来上がった瞬間、ふぅ~とひと息。なんだろう‥この達成感!!

出来上がった皆さんの作品はこちら。

同じ模様なのに、選んだ紙の色によって印象が違います。
窓辺に置いた時の光の通り方も違うように思いました。

ライトアップすると幻想的な雰囲気に。

先生の作品を拝見すると、もっと複雑で繊細な模様で神秘的でした。

緻密で繊細なほど魅力を増し、その美しさから見る者に癒しを与えると言われる「ローズウィンドウ」。
忙しい日常とはちょっと違う体験をさせていただき、素敵な一日となりました。
ご参加いただきました皆様、先生。ありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP