松戸市 M 様邸 屋根・外壁塗装工事③_下塗り・中塗り

弊社のご近所様で、お父様の代より施工をさせていただいているM様より、屋根・外壁塗装のご依頼をいただき始まった工事。
足場設置と洗浄、コーキングが終了いたしました。いよいよ塗装作業にはいります。

まずは屋根などの鉄の部分のケレンを行い、屋根と外壁の下塗りの手順で行います。
ケレンとは主に鉄部などの汚れや塗装をする前に錆びを落したり、錆びていなくても塗料の密着を良くするため傷をつけることを言います。

下塗りは2回行います。


下塗りが1回だとプライマー(下塗用接着剤)が素材に吸い込まれてしまい表面にプライマーが残らず、本来の密着力が出せずトップコートが剥がれてしまいます。
プライマー不足だと、トップコートは3年程で剥がれる可能性があります。

下塗り後、指定色にて中塗りを行います。

外壁や庇等も同じように下塗り2回後、中塗りをしていきます。

このように下塗りをしっかりすることで、同じ塗料でも長持ちさせることができるのです。
次回は上塗り・完成をレポートいたします。\(^o^)/

私たちがご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください

リフォームのことなら、小さなリフォームから大きなリフォームまでおまかせいただけます。

もちろん、「こんなこと聞いても大丈夫?」と思うことも、まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

私たち、大功建築部のスタッフが、あなたの理想のリフォーム実現を精一杯お手伝いさせていただきます。

リフォームのことなら、小さなリフォームから大きなリフォームまでおまかせいただけます。

もちろん、「こんなこと聞いても大丈夫?」と思うことも、まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

私たち、大功建築部のスタッフが、あなたの理想のリフォーム実現を精一杯お手伝いさせていただきます。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

関連記事

PAGE TOP