地域密着45年。大功は松戸市、市川市を中心としたリフォームと建築資材販売の会社です。

ホーム BLOG リフォームのポイント エクステリアの防犯性をアップする方法
a

エクステリアの防犯性をアップする方法

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

こんにちは、愉くらしリフォームの大功です。
今回は「リフォームと防犯」という視点で、特に「エクステリア」に注目をしてお届けしたいと思います。

弊社がある松戸市内における犯罪種別件数をみると、空き巣や事務所荒らしなどの侵入盗が多く、昨年は侵入盗が増加傾向にありました。

日頃からの警戒が必要とともに、ご家族で対策を相談することも大切です。

泥棒に狙われない家にする為の第一段階として、家周りの防犯を考えていきたいと思います。

メリット:プライバシーが守られる

ブロック塀を設置する目的は、ご家族のプライバシーを守るためが第一にあるのではないでしょうか。
近隣や道路からの視線が気になる方もいらっしゃると思います。
また、建物と道路との間に視界を遮断するものが無い場合、洗濯物を干すこともできませんし、窓やカーテンを開けっ放しにすることも抵抗を感じます。

ブロック塀を設置することによって、外部からの視界を遮ることにより、守られている場所で生活できる安心感があります。

デメリット:泥棒から目をつけられやすい

ブロック塀はプライバシーを守る効果もありますが、敷地内が見えなくなってしまう為、外部から泥棒の姿もみえなくなり安心して作業をさせてしまいます。

その為、侵入や犯行が行いやすいとして、泥棒から目をつけられやすいと言われています。

適度な高さと見通しのよい外壁にする

ブロック塀はプライバシーを守る効果もありますが、敷地内が見えなくなってしまう為、外部から泥棒の姿もみえなくなり安心して作業をさせてしまいます。
その為、侵入や犯行が行いやすいとして、泥棒から目をつけられる可能性が高いと言われています。

最適なのは、簡単には登れない高さで外からの視界が開けるフェンスやスリットのあるものです。

門扉やカースペースのゲートも自動ロック機能付などを採用すると、無締まりを防ぎ、さらに安心です。

https://www.lixil.co.jp/lineup/gate_fence/hint/gate/から引用

日頃の管理が見える家は狙われにくい!

空き巣や不審者は、事前にターゲットになりそうな家を事前に下見しています。
人が管理して目が行き届いている事を空き巣や不審者に分からせる事が大切です。

□ 草や木を手入れする

□ 踏むと音のする砂利を敷く

□ 帰宅が遅くなる日は洗濯物を室内に干す

□ 郵便受けに新聞や郵便物を貯めておかない

□ 劣化しているものをメンテナンスする

□ 家の周囲を明るくするセンサー付きライトをとりつける

□ インターフォンをカメラ付きにする

まとめ

いかがでしたでしょうか?
日常のちょっとした工夫だけでなく、防犯対策商品を設置することで敷地内を監視している事をアピールできます。
空き巣や不審者を家の中に侵入させないよう、ご家庭でしっかり対策をしてください。

ご予算によってどんなことが出来るのか、まずはご相談ください。

関連記事

Scroll to Top

費用や工期を知りたいけど、電話で問い合わせるのはちょっと・・・

そんなときは愉くらしリフォームの「LINEで無料相談」をご利用ください!

←のボタンをクリックして友だち登録をしていただいてからトークメッセージからご連絡ください。